手を動かしながら2週間で学ぶ AWS 基本から応用まで Day8

Day8 Route53を使ってドメインを登録する

https://aws.amazon.com/jp/route53/what-is-dns/

DNSレコードタイプ A:
ホスト名とIPアドレスを紐付ける
www.host-name.com. IN A 192.168.0.1

CNAME:
ドメインを別のドメインに置き換える
www.host-name.com. IN CNAME host-name.amazonses.com.

NS:
ゾーンに対する権威を持つ権威DNSサーバーを指定する
www.host-name.com. IN NS ns.host-name.com.

Route53について

  • DNSの機能を簡単に利用できる
  • SLAが100%
  • 多様なルーティングポリシー

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/Route53/latest/DeveloperGuide/routing-policy.html

単純なルーティングの設定

Route53→DNS management→CreatdHostZone
Domain Name:取得しているドメイン
Type:PublicHostedZone
Create

EC2のWeb-1aを起動しておく

CreateRecordSet
Name: 空
Type:IPv4 Alias:Yes
ELB Application load balancersを設定
Routing Policy:Simple
Evaluate Target Health:No

NSを登録する 反映されるまで待つ

nslookup ドメイン

ELBにアクセスして失敗した場合に、S3のエラーページにルーティングするようにする

https://recipe.kc-cloud.jp/archives/3450

  • フェイルオーバーの設定

Route53→CreateRecordSet
Type:AレコードのRoutingPolicyをFailOver
EvaluateTargetHealth:Yes
Save

CreateRecordSet
Name:空
Type:A
Alias:S3 website endpoints
RoutingPolicy:FailOver
FailoverRecordType:Secondary
ELBがFailした場合にS3にルーティングする

EC2のapacheを止める
EC2のターゲットグループがunhealtyになっていることを確認
ドメイン名にアクセスすると、S3の静的ページにルーティングされる